▼待望の新刊・3月2日発売▼ 『看板のない居酒屋』 岡村佳明著

親愛なる読者のみなさま、
こんにちは!
「元気が出る本」出版部のお気楽です。

岡村佳明さんの『看板のない居酒屋』が
3月2日(土)、いよいよ発売となります。

>書籍URL↓
http://www.gendaishorin.co.jp/book/b108077.html


岡村佳明さんは、
静岡県の藤枝市を中心に7店舗を展開している
居酒屋グループ“岡むら浪漫”の経営者さんです。

看板もない、
宣伝もしない、
入口もわからない、、、

それなのに、なぜか、
店内はいつでもお客さんで満席なんです。

西田文郎先生にご紹介いただき、
岡村佳明さんと初めてお目にかかったのは
今から約7年程前に遡るでしょうか。

岡むら浪漫さんのお店に初めて伺ったときの
衝撃は忘れられません。

まず、外観からは入口がまったく分からないのです。
高い塀があるだけで、
居酒屋だということさえ、わかりません。

高い黒塀に囲まれて、
看板もなく、入口もわからない……。
狭い猫道のような暗い路地を通って
「岡むらのぼる」という
一般家庭のような表札のある扉を開くとそこは、
まるで別天地! 

おしゃれな店内は、
お客さんとイケメン店員さんたちの、
笑顔でいっぱいです。

立地の静けさと店内の賑わいのギャップに、
ここは竜宮城か?! 
そんな気持ちが湧き上がるほどでした。

なんで、入口も分からないのにお客さんでいっぱいなの?!
どうして、宣伝もしてないのに若い女性客がこんなにくるの???

この、なんで?! を教えてもらいたくて、
ご執筆をお願いしたのが本書の端緒でした。

変化の激しいこの時代、
「働き方」や「人生の意味の見つけ方」など、
多くの方が新しい働き方、生き方を
模索しているように思います。

岡村さんのこの本は
そんなみなさんのヒントになる
気づきに満ちていると思います。

これから世の中に出る新社会人のみなさん、
20代、30代の社会人のみなさん、
社内の人材教育や商売繁盛のヒントを得たい
ベテラン社会人のみなさん
社員に輝いて欲しい経営者のみなさん
ぜひ、本書をお読みいただきたく思います。

コメントをお書きください

コメント: 1